弁護士募集



●71期生(2018年12月弁護士)募集
●当事務所へお申込みください。詳細はこちら。

活動報告



●2017年11月25日 『第12回医療の質・安全学会学術集会』にて講演 
1.医療事故調査制度と法制度との関係/遠藤直哉弁護士 
2.米国における医療事故調査制度と法制度の状況/Robert B. Leflar教授
3.薬剤についての医療事故調査制度の課題/中村智広弁護士

●2017年5月 遠藤直哉弁護士 『法曹増員後の弁護士懲戒と弁護会自治 -正当業務型と懲戒5類型-』(宮澤節生先生古稀記念論文集 信山社出版)

●2017年3月4日 遠藤弁護士/田村弁護士講演『情報の性質や活用場面に応じた個人情報保護』(ITヘルスケア学会) 

当事務所の御紹介

-裁判所に最も近い法律事務所!-

1.専門性(Speciality)
(1)不動産・建築・事業再生・労務・団体紛争
代表弁護士遠藤が多くの若手弁護士を教育しながら、約40年にわたり、複雑な訴訟を手がけ、新しい戦略法務を開拓してきました。
(2)医療・人身事故・病院M&A・知的所有権
医療紛争を始め、最先端の医療と薬事の法務、薬機法対応を手がけています。
(3)情報処理・IT・国際業務
ソフトウェア紛争の訴訟、情報社会への対応などに取り組んでいます。
(4)ソフトロー対応
行政庁の通達、団体のガイドライン、会社の定款、宗教法人規則などの運用をめぐる法的対応に積極的に対応しています。

2.プロフェッショナル法人(Professional)
(1)組織力
(2)機動力
(3)継続力
(4)責任力

3.適正な弁護士報酬(Legal Fee as Fairness)
(1)着手金や報酬の分割払い方式
(2)成功報酬方式
(3)顧問契約による経常的な迅速処理方式

 

アクセス


〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル10階
Tel:03-3500-5330 Fax:03-3500-5331
http://fair-law.jp
地下鉄銀座線虎ノ門駅下車(7番出口より徒歩1分)
丸ノ内線・日比谷線・千代田線 霞が関駅下車 A12出口より

〒100-0013
1-4-1 Nittochi Buillding 10F Kasumigaseki Chiyoda-ku Tokyo

■弁護士遠藤直哉個人ホームページはこちらから。

■ソフトローホームページはこちらから。


■弁護士遠藤直哉のBlogはこちらから。